“楽しい暮らしをデザインする” リノフィーノ

2018/01/11 - Produce

皆さんは、「理想の暮らし」と聞いたときに何を思い浮かべますか?

家族で卓を囲んで楽しく食事をする様子?それとも、趣味を追求した自分だけの部屋でしょうか?

どんな暮らしを送るにせよ、自分のライフスタイルに合った住まいを手に入れることは不可欠と言えます。今回は、そんな理想の住まいを叶えるためのリノベーションコンセプト、『リノフィーノ』について見ていきましょう。

リノフィーノは、「あそぶ-asobu-」、「こもる-komoru-」、「つどう-tsudou-」という3つのコンセプトをもとに、楽しい暮らし、上質な住まいをデザインします。


あそぶ-asobu-

空間全体をActive living、Core(Kitchen &Utility space)、Family livingの3つの遊び空間に。一つ目のコンセプトは、室内に自分だけのこだわり空間を設ける「あそぶ-asobu-」です。

土間仕上げのアクティブリビングは自分好みに自由自在。サーフィンや釣具を置いたり、ロードバイクを引っ掛けたり。さらには、壁面にボルダリングのホールドを取り付けたりと、趣味の活動の場にすることが可能です。


こちらは、大きなキッチンスペース。家族みんなで料理を楽しめるようアイランド式になっています。奥のファミリーリビングとの間には引き戸が設けられ、プライバシーの確保もしっかり配慮されています。

 

とことん遊びにこだわった、大人も子供も楽しめる住まいですね。

相模大野では、「あそぶ-asobu-」をテーマにしたモデルルームも公開しています。
詳細はこちらから!

「あそぶ-asobu-」を暮らしに。 体験型モデルルームを公開


こもる-komoru-

「自分だけの時間を大切に」をテーマにしているのは、二つ目のコンセプト「こもる-komoru-」。空間を細かく切ることで、小さな空間に自分だけの世界ができあがります。

右奥は、壁で仕切られた子どもたちの勉強部屋。まるで隠れ家のようなワクワク感があります。リビングの開放性を失わずに、空間を細かく切り分けていますね。

主寝室の奥には自分だけの小さな小部屋を。書斎から、茶道・華道のための部屋まで広く活用できそうです。誰にも邪魔されず趣味の作業に没頭できる、とびっきりの贅沢空間ですね。

 

ハンガーラックや本棚で区切って柔軟に趣味スペースを作ることも。オープンなLDKの一角でくつろぎの場になっているようです。ご夫婦の趣味部屋にも子どもの勉強部屋にも最適ですね。

あえて小さくスペースを区切ることで、そこに広がる世界を大切にする不思議な演出がとても魅力的ですね。


つどう-tsudou-

自然と人の集まる和やかな空間づくり。そんな望みを叶えるのが3つ目のコンセプト、「つどう-tsudou-」です。

料理教室や友達を呼んでのホームパーティーなど、社交的に振る舞える開放的なLDK。ゆとりのあり空間で”食”を楽しむことができます。複数人で料理のできるオープキッチンに加え、くつろげるソファや食卓と、家族や友人でホームパーティーを開くには、もってこいとの空間と言えるでしょう。

パーティーや料理教室には使いやすいオープンキッチンですが、キッチン用品などは目に付くと雑多に見えてしまうという欠点も。柱を挟んだダイニングの死角にパントリーを設けることですっきりした印象を作り出しています。

心にくい工夫で気軽に人を招くことができますね。


いかがでしたでしょうか? 今回は、リノフィーノの提供する「あそぶ-asobu-」・「こもる-komoru-」・「つどう-tsudou-」という3つのコンセプトを紹介しました。

皆さんはどのコンセプトにワクワクを感じましたか?

理想の暮らしを叶える、あなただけの住まいをデザインすることができそうですね。

リノフィーノには、これらの3つのコンセプトに加え、デザイナーによる設計を始めとした7つのリノフィーノサポートも付いています。詳細は、こちらを御覧ください。
楽しい暮らしをデザインする。小田急マンションのリノベーション ”リノフィーノ”

まずは物件をお探し、という方はこちらからお探しください。
小田急不動産HP