”最高の住み心地”を栗平に。小田急リーフィア

2018/01/19 - Produce

春には花が咲きこぼれ、夏には緑深まり、秋は紅葉に色付く。

季節を感じながら、心穏やかに過ごすことのできる住まいは、誰にとっても憧れのものでしょう。

今回は、そんな栗平に誕生した小田急リーフィアレジデンスについて見ていきましょう。


自然の心地よさをもたらすバルコニー空間

こちらは、”内と外の心地よさの融合”をテーマに据えたバルコニー空間。

バルコニータイルには、リビングダイニングのフローリングと同じ素材を採用。内と外の繋がりが強調されていますね。

休日には家族みんなでブランチをしたり、夜には夫婦でワインを飲んだり…。家族一人ひとりが思い思いに楽しむことのできるスペースになっているようです。

内と外が融合し、ナチュラルな心地よさを与える空間が生まれていますね。


リュクスな煌めきを放つリビング・ダイニング

ブラウンに統一された、高級感溢れるリビングダイニング。

左壁の木目タイルは、上へと伸びる樹木をイメージ。目を退屈しないような工夫が凝らされていますね。

また、ダイニングテーブルの天板はあえて透明ガラスに。更なる抜け感を演出している共に、空間の明るさを強調しています。

意匠性の高い書斎

リビング奥のデスク&シェルフの向こうには、スタイリッシュな書斎が。緩やかに空間を仕切った先に意匠性の高い、洗練されたスペースが出きあがっています。

栗平の街を一望する景色を見ながら、読書や作業に集中することができそうです。


ポップな雰囲気を醸し出す子供部屋

大人っぽいボタニカルな柄のアクセントクロスが印象的なこちらは娘さんのお部屋。

グリーンやピンクなどカラフルな色味を部屋全体に散りばめることで、ポップな雰囲気が作り出されています。

ナチュラル素材の家具が部屋を落ち着きを与え、優しい印象の空間が完成していますね。


深く穏やかな時が流れるベッドルーム

まるでモダンなリゾートホテルのような空気感の寝室。

ベッド横にはドレッサーには、溜まりのスペースを取ることで、空間を一層広く感じさせる効果が。

シンメトリックの照明のアクセントクロスで空間を引き締めつつも、大らかで包み込むような空間がベッドルームが達成されていますね。


いかがでしたでしょうか?

自然素材を使用してナチュラルな温もりを担保しつつ、同時にスタイリッシュなデザイン性も重視することで、品格も備えた住まいが叶えられていますね。

自然と繋がりながら、住まうほどゆとりの生まれる暮らし。そんな”栗平ごこち”が実現しています。