〝ひと〟にも〝ワンちゃん〟にも優しい暮らしやすいデザイン賃貸住宅

2018/06/12 - Produce

今回は渋谷区のお住まい。お示ししているのは夜のリビングです。

使われなくなった上下分離2世帯住宅を賃貸化して有効活用したいという思いからリノベーションすることに。

以前はどことなく暗い雰囲気があるお部屋でしたが、明るく上品に仕上げ、内装だけでなく庭廻りも含めた外構のデザイン性も高め、内も外も魅力的な賃貸住宅を目指しました。

デザイン性にも優れた暮らしやすい賃貸住宅のこだわりを見ていきましょう。


広々とした明るいリビング

こちらは日中のリビング。夜のリビングとはまた違った雰囲気を感じますね。

オリジナルキッチンなど一般の賃貸にない設備を採用し、周辺の賃貸物件との差別化を図っています。

ペットがつける傷を考慮して腰壁化を図り、室内窓前の床の一部をタイル張りにすることで、〝ひと〟にも〝ペット〟にも優しい住まいを実現しています。

窓前の床のタイルは日焼けによる床の色落ち防止にもなるなど、機能面も充実しています。

また、細かい仕切りをなくすことで室内が広くなりました。


開放感のある見せるウォークインクローゼット

こちらは、玄関脇につくられたウォークインクローゼットです。

収納スペースに扉を配置しないことで、見せる収納としています。

床の仕上げは厚さ21 mmのパインの無垢材を使用し、〝ひと〟にも〝ペット〟にも優しい素材で仕上げています。

ペットに対する細かい気遣いを感じますね。

また、大きな窓で外からの光が良く取り入れられることで、室内が明るく保たれていますね。

 


白を基調としたサニタリースペースとトイレ

左はサニタリースペース。

収納が兼ね備えられており、多くのタオル等を収納できるような便利な構造となっています。

右は縦長のトイレ。

限られたスペースをうまく活用していますね。

どちらも白を基調としており、明るいデザインとなっています。

 


昼も夜も上品な外観

こちらは昼と夜の庭廻りの外観です。

大胆にフェンスを設置することで、隣地の圧迫感のあるブロック塀が気にならなくなるようデザインされています。

また、大手ハウスメーカーの画一的な建物のイメージをなくすため、外観は塗り壁仕上げを採用しています。

照明の配置をこだわっており、夜間でも上品な明るい雰囲気を感じますね。


いかがでしたでしょうか?

様々な工夫により、明るく上品な住宅となりました。他の賃貸住宅とは一線を画したデザイン性と機能性を持ち合わせており、素敵ですね。

リノベーション物件の詳細については下記のページを確認するようにしてください。

リフォーム|小田急ハウジング